借金の返済ができなくなったから、自己破産しか方法が無いという訳ではありません。
個人再生の方法があったり、他にも債務整理には方法がありますので法的にどのような方法が必要になるのかを知ることができます。

良い解決策と過払い請求

相続手続き

交通事故弁護士

過払い請求できるケースとは

利息制限法の利率を越える高金利で借り入れをしていた方、又今も返済中の方でどういった方で過払い請求の対象になるのは、まずは返済が長期間にわたって現在も続いている方(おおむね5年以上)であるか、既に完済したけれども完済が10年以内の方です。

但し、これに該当するからといって全ての方が過払い請求で取り戻せるわけではありません。中には全く取り戻せないケースもありますので注意が必要です。自分の場合はどうなのか気になる方は弁護士や司法書士に相談してみましょう。

完済から10年というのは返還請求の時効に該当し、現在返済中の方に比べるとハードルがあがるのが現状です。又、長い間返済を続けていても金融業者との契約が利率内であった場合等は取り戻しに該当しない場合があります。

ほとんどの場合、弁護士や司法書士が過払いについて相談を受け付けています。報酬は成功報酬型で受けて頂けますので借金相談をなさるのが得策だといえます。

過払い金請求に対する弁護士の対応について

過払い金請求を弁護士に依頼するか司法書士に依頼するか迷っている人は少なくありません。過払い請求に於ける弁護士の対応は、基本的には過払い金の計算から始まり、債権者との交渉、返還額に関する示談及び実際の回収まで全て一貫して行ってくれることが魅力です。その為、一切債権者と連絡を取る必要が無く、債権者から嫌がらせなどを受けることもありません。

特に債務整理の過程で過払い金請求を行う場合には、過払い金を借金の返済に充て借金を減額することも多く、これらの交渉や一切の手続きをその場その場の選択で最適な方法を選んで実施してくれるので安心して任せることができます。