借金の返済ができなくなったから、自己破産しか方法が無いという訳ではありません。
個人再生の方法があったり、他にも債務整理には方法がありますので法的にどのような方法が必要になるのかを知ることができます。

良い解決策と過払い請求

相続手続き

交通事故弁護士

過払い請求詐欺の手口に騙されてはいけません

過払い金返還請求を行う弁護士や司法書士による過払い金に関する広告やニュースで金融会社の対応が報道されたりしたことで、過払い金に対する認知や関心が広まっています。実際に「完済してなおかつお金が戻ってきた」などの声もよく聞かれ、自分もお金が戻ってくるのではないかと考える人も多いのではないでしょうか。

一方で、公共機関によく似たそれらしい名前を名乗って過払い請求を促す電話をして手数料を振り込ませる詐欺が発生しています。請求の消滅時効期間が迫っていると慌てさせ、判断能力を鈍らせるのが彼らの手口です。過払い請求に関する電話勧誘などはありえません。過払い請求を行うときは弁護士や司法書士などの信頼できる専門家に依頼するのが一番よい方法です。

借金相談を通じた過払いの対処

司法書士や弁護士などによる借金相談についての業務は、無料受付をしているケースも見受けられます。借金を返済する中で、利息として支払い続けていたお金には、過払い金が発生していることも多く、法律専門家をはじめとする専門機関への相談によって請求手続きへと進められることもあります。

借入先である金融会社から返金を受けた場合、借金返済に充当させられるなど、問題をより速やかに解決させられることも期待できるため、慎重に対処したい問題であると同時に、なるべく損をしないためにも気にしておきたい事柄として挙げられます。

過払い金の借金相談はどこで?

自分の借金の返済が終わったのはいいが、実は余計なお金まで支払っていたのではないかと疑問を持っている人はまずは、借金相談を受け付けてくれる所へ電話をしてみましょう。借金相談を主に行っている所としては法律事務所もしくは司法事務所が一番無難で、かつ依頼しやすいのではないでしょうか?

こういった事務所では電話の相談でしたら無料で受け付けている所が多く、まずは自分に本当に過払い金があるのかどうかを見てもらうこともできます。そもそもなければそれで済んでしまう話ですので、有無を確認するのが一番初めです。電話をすることで事務所の雰囲気もなんとなく察することができます。

過払い請求における借金相談について

過払い請求における借金相談については、そろそろ時効をむかえ終わってしまいますので、今のうちすべきと言えるでしょう。取り返せるお金があるのなら請求するべきです。過払い金が発生しているか否か、確認する方法があります。

それはクレジットカード会社をはじめとする貸金業者から取引履歴を取り寄せて、計算するとわかります。まずはそれだけでもおこなうべきでしょう。司法書士や弁護士である法律家については、このような請求については熟知していますので、貸金業者との交渉ごとについては、対応してもらうことが一番の得策だと言えるでしょう。

借金相談、過払い金もすっきりしよう

借金がかさみ、金利の返済でさえできずに生活が困窮する場合があります。最低限の生活でさえままならなくなったら、現状を打破するための方法を模索する必要があります。弁護士に借金相談し、債務整理をするのです。

借金を帳消しにしたいなら、自己破産しかありません。不動産といった所有する財産は取られますが、借金地獄からは逃れられます。任意整理は、借金を帳消しにはできません。過払い金は、返済した借金が対象なので、注意が必要です。いずれにしても、弁護士にこと細かく伝えることで、最善策が進められます。人に知られたくない場合も、秘密が守られ安心です。

過払い請求について