借金の返済ができなくなったから、自己破産しか方法が無いという訳ではありません。
個人再生の方法があったり、他にも債務整理には方法がありますので法的にどのような方法が必要になるのかを知ることができます。

良い解決策と過払い請求

相続手続き

交通事故弁護士

過払い請求に伴う利息請求について

過払い請求をする場合、過払い金の利息も合わせて請求することができます。この請求が認められるためには、貸金業者が民法704条にいう悪意である必要があります。この悪意というのは、悪質という意味ではなく、貸金業法にいうみなし弁済規定の適用があることを認識していることをいいます。

最高裁の判例により、この貸金業者の認識は推認されるため、請求する方で立証する必要はありません。貸金業者の方でかかる認識に至ったことについてやむを得ないといえる特段の事情を立証する必要があります。また、過払い請求に伴う利息請求の利率は民法所定の年5分です。

借金相談を通じた過払い請求

多重債務や多額債務で悩んでいる方にとって、一人では解決させられない問題に陥ってしまっているような場合に頼りになるのが、弁護士や司法書士などの存在です。借金相談の業務が取り扱われており、無料相談などを通じて、借金に関する解決策を見出すことが可能となります。

また、過払い金が発生している場合においても、気軽な相談から実際の請求手続きまで対応してもらえます。利息分として支払っていた返済額の中には支払い過ぎている金額が発生しているケースもあり、請求手続きを行うことで返金されることがあります。借金問題そのものの解決策を見出すきっかけにもなるでしょう。

過払いを含める借金相談

弁護士や司法書士などによって取り扱われている借金相談には、返済に関しての悩みや債務整理の他、過払いの手続きに関する事柄も含まれます。借金を返済するなかで、支払いすぎてしまった利息は、返済先の金融会社に請求手続きをおこなうことで、取り戻せることもあります。

法律専門家を通じた手続きの方が、一人で手続きを進めるよりもスムーズに対処してもらいやすく、速やかな問題解決を目指すためには効果的な方法です。気軽な相談から問題着手までは、無料での業務として受け付けられている機関も多く存在しているため、気軽に利用できます。

過払いについて借金相談

テレビや雑誌の広告などの効果もあってか、過払いについて借金相談をするケースが最近多いことがあげられます。しかしながら、この借金相談には時効が設けられていることがあげられます。過払い金請求をおこなえる期限としては最終取引から10年となりますので、債権者は急がなければなりません。

該当する可能性として高い人は2008年の12月以前に借り入れをしていた人や、完済から10年以内であることがあげられます。弁護士や司法書士であればスムーズに対処してくださいますので、一度法律事務所に行って相談してもいいでしょう。

過払いは法律家に借金相談する

過払い請求については法律家に借金相談すべきでしょう。個人でおこなえることも知られるようになりましたので、人によっては自分で債権者に請求をおこなうケースもあります。

しかしながら、専門的な知識などがない場合において債権者から相手にされないケースも珍しくはなく、それこそ万が一失敗してしまった場合にはリスクを負ってしまいますので、そのような事態に陥らないように弁護士や司法書士の法律家に依頼すべきでしょう。この請求については、他の債務整理に比べると料金も手軽な点が挙げられますので、比較的依頼しやすいと言えるでしょう。

過払い請求について