借金の返済ができなくなったから、自己破産しか方法が無いという訳ではありません。
個人再生の方法があったり、他にも債務整理には方法がありますので法的にどのような方法が必要になるのかを知ることができます。

良い解決策と過払い請求

相続手続き

交通事故弁護士

140万円までの過払い請求が可能

債務整理を行う、または単独で過払い請求を行うことを検討している方は弁護士か司法書士に依頼することで安心して手続きを行う事ができます。

個人でも行える手続きをなぜ、司法書士や弁護士に依頼するのでしょうか。

これは債権者がなかなか手続きに応じなかったり、応じたとしても相手も金融のプロになりますので、自身が有利になるようにしっかりと対策を行ってくるからなのです。

こうした時に、法的な知識に乏しくては、相手が有利な条件になってしまいがちなのです。
ですから、こういった過払い請求や個人再生などの債務整理については専門家に依頼することで、自身が優位に事を運ぶことができるのです。

また、債務整理を司法書士に依頼する場合は、成功報酬が弁護士と比べると安くなっていることが多いのですが、140万円までの過払い請求しかおこなうことができません。

過払い請求が140万円を超える案件の場合は弁護士への依頼が必要となります。

過払い金請求は弁護士に

債務整理を弁護士に依頼するメリットは、借金問題を整理できるだけではありません。場合によってはお金が戻ってくる可能性があるのです。債務整理の手続きの中で、金利を現在の法律に照らし合わせて計算し直すことがありますが、その過程で金融機関に対して支払い過ぎていたお金が発見されることがあるのです。

このお金のことを過払い金と呼びます。過払い金は本来であれば支払う必要が無かったお金ですので、金融機関に対して払い戻しを請求することができるのです。払い戻し請求は自分でもできますが金融機関との交渉が必要になりますので、法律の専門家である弁護士に依頼したほうが無難です。心当たりのある人は、まず気軽に弁護士に相談してみましょう。

過払いに関しての借金相談

弁護士や司法書士などによって受け付けられている借金相談には、過払い金の有無や請求手続きに関する依頼内容も多く見受けられます。利息として返済時に支払っていたお金には、支払い過ぎている金額が発生していることもあり、請求手続きを行うことによって、借入先である金融会社から返金されるケースがあります。

法律専門家の存在は、個人的な問題対処を行うよりも、金融会社に対する手続きにおいて効果的であり、返済要求が止められるなどの制度も適用されます。頻繁に届いていた督促が止められ、借金に関するストレスから解放されるという意味でも役立てられます。

過払いの対応を借金相談する

過払いの対応を借金相談する事は、法律家でなくてもおこなうことができます。借金関係の相談については、法律家でなくても国が設置している機関や、自治体が設けている無料窓口などがあります。どちらにおいても借金問題に長けていますし、個人情報を漏らす心配もありません。

また、そのような機関については弁護士や司法書士が所属していますので、法律的な部分からも安心することができます。そのような無料の機関でしっかりと話しを聞いたうえで、決めていくことをおすすめします。法律家が必要なようであれば紹介してくれるでしょう。

過払い制度の借金相談をしたい

過払い制度の借金相談をしたい場合において、いきなり法律家に相談することを敷居が高く感じる人もいるでしょう。そのような場合においては弁護士団が運営するホームページで相談投稿したり、国や自治体が実施している借金について、無料相談をおこなっている機関に相談してもいいでしょう。

過払い請求については、お金が戻ってくる制度になりますので、おこなわないと非常にもったいない点があげられます。法律事務所の料金設定についても、費用倒れになるようなこともありませんので、安心して法律家に依頼することができると言えるでしょう。

過払い請求について