借金の返済ができなくなったから、自己破産しか方法が無いという訳ではありません。
個人再生の方法があったり、他にも債務整理には方法がありますので法的にどのような方法が必要になるのかを知ることができます。

良い解決策と過払い請求

相続手続き

交通事故弁護士

遺産相続手続きをサポートする弁護士や司法書士

弁護士や司法書士は、法律家として様々な領域で活躍していますが、遺産相続手続きのサポートもしています。

例えば弁護士の遺産相続手続きサポートには、当事者間で相続割合でもめてしまった場合に、適切な助言を行い、それでも解決がなされなければ訴訟に及ぶということが挙げられます。

弁護士や司法書士に相談するだけでも相談料はとられてしまいますが、自分には権利があるのに、他の相続人の意見が正しいと思ってしまったり、自分の権利が失われてしまったりすることを防いでくれます。

また、法律手続きの代行もしてもらえるので、相続に基づく登記の移転をもやってもらえます。このように、弁護士や司法書士は頼れる存在であるため、困った場合は遺産相続手続きサポートを活用しましょう。

相続手続きに関する相談先は

相続手続きに関して相談できる場所としては、行政書士や司法書士、弁護士などがあります。また必要に応じて税理士も対応します。ですが、その家庭の事情によって依頼先は変わってきます。

不動産登記が必要な場合は司法書士へ依頼するべきです。ですが遺族間同士の扮装が生じている場合や、非常に複雑な事情を抱えている場合は弁護士へ相談するのが良いでしょう。

依頼費用が安いからといっても、状況に合わない関係先へ依頼しても2度手間となり、費用も余計にかかるものです。もし費用をかけたくなければ、土地の名義変更も自分でおこなうこともできます。

相続手続き、スムーズに進めるために

相続手続きを実際にすることになると、あまりにも現実離れしているようで、疑問や不安な点が出てくることがよくあります。相続手続きは相続法制によって細かく定められています。法制の見直しなどをおこなう法務大臣の諮問機関である部会は、相続で配偶者を優遇する策を検討しています。

2018年中の国会に改正案を提出する方針です。これは、現行の制度では、老後の配偶者の生活が不安定になる恐れがあることから、今回の検討に至りました。手続きについては、日頃から調べたり相談し身近なものにしておくと、実際の手続きがスムーズに進むでしょう。

相続手続き、配偶者優遇策が採用されるかも

法務省は、2018年中の国会に現行の相続手続きの規定を改正した民法改正案を提出する方針だとしています。現行法では、婚姻期間の長短に関わらず、法定相続する分は一定です。例えば、配偶者が被相続人から住居を相続すると、住居の価値が高額だという理由から、その他の遺産は少なくなってしまいます。

こうなると、老後の生活が安定しない可能性もあります。改正案では、住居を相続しても、その遺産は除外して他の遺産を分割します。2017年8月上旬から約1ヶ月半の間、意見公募も実施されます。高齢化が進む中、時代にあった法律の存在が求められています。疑問は、専門家に相談することで明確になります。

相続手続き、遺産分割について知ろう

相続手続きでは、遺産分割について知っておくことが大切です。遺産分割は、被相続人が死亡時に持っていた財産を、複数の相続人で分配する制度です。法定相続分などに基づき、相続人同士の話し合いで分配方法を決定します。

この遺産分割協議で意見がまとまらなければ、家庭裁判所の調停、審判に移されます。相談は弁護士にします。相続人に対して生前贈与があれば、原則として遺産とみなされます。これに対して、法務省が改正を検討している案では、婚姻期間が長期にわたった場合は、被相続人側に遺産とみなさないという意思があったと推定する形になっています。

相続手続きについて